🌾

10Xに入社しました

Cover Image for 10Xに入社しました

皆さんこんにちは。suuminbotこと日比谷です。創業当初から約4年勤めたファンズ株式会社を退職し、2021年2月22日社員番号22番😸で 株式会社10Xにデザイナーとして入社しました。 やっていくぞい、という久々のブログです!

転職活動のきっかけ・流れ

前職で開発していた資産運用サービス「Funds」では立ち上げから一貫してプロダクトデザインの責任を持っており、2020年10月頃まで一切転職を考えていませんでした。しかし、30歳の誕生日をきっかけに自分自身の今後をあらためて考えた際、プロダクトデザイナーとしてのキャリアと前職での業務内容に一部乖離があるなと思い、転職を意識するようになりました。

転職活動の軸はだいたいこんな感じ。

  • プロダクトが解決する課題に共感できること
  • プロダクトデザインの活動に広く関わることができること
  • 他のデザイナーと協業できること
  • 自律した人で構成されるチームであること
  • 経営者がコンプライアンス遵守への意識を強く持っている・倫理的であること

最終出社日直前まで業務がかなり忙しく在職期間中に転職活動をするエネルギーがなかったので、もともと知っていた4社のお話を聞き、最終出社日以降に2社トライアル業務委託をした上で意思決定しました。

入社の決め手

特に次に挙げる点が決め手となり、10Xに入社することを決めました。

1. ユーザーの行動観察から出発することへの共感

N1インタビューが定期的に実施されていることは以前からTwitterで見て知っていて、普通に素晴らしいなぁと思っていました。

N1インタビューの取り組みの他に10Xがユーザーの行動観察を大切にしているなと実感した出来事が、エンジニアと事業開発のメンバーがパートナー企業の店舗で実地テストを行っていたこと。

10X CultureDeck 10X CultureDeck P21から引用

私も同席させてもらったのですが、パートナー企業の店舗や倉庫など実際の現場にいき現場がどうなっているかリアルに理解すること、その現場で担当者の方がアプリをどう使うのか観察すること、こういった行動観察の取り組みを当たり前に実施されているのがすごくいいなと感じました。

2. デザイナーとして貢献できる余地が大いにある

トライアル前に10Xに対して抱いていた最大の不安は、10Xにデザイナーとしてどう貢献できるか不明瞭🤔、という点でした。

というのも、そもそもStailerローンチ以降社内にデザイナーさんいないからどういう役割を社内で担っているか決まってないし、定性的なユーザーリサーチの文化が既に社内に根付いている上、エンジニアでUI開発が完結してるし…。

しかし、実際に組織の中へ入ってみるとその想像は完全に誤りで、貢献できる部分たくさんあるわ!とすぐに考えを改めました。

ダブルダイヤモンドの図

特に現時点ですぐに大きく貢献できそうと思ったのは、ダブルダイヤモンドの図でいう「正しい課題を見つける」フェーズでのカスタマージャーニー作成やラフなプロトタイプの作成と検証、UIデザイン開発時の品質向上や選択肢の深堀りです。

UXデザインを推し進めるためのファシリテーター的な役割をしつつ、自分自身がUIをゴリゴリ作ってデザインの幅を広げていく…💬といったイメージを今の所持っています。

目指すところ

機能がそこにあって使える、にとどまらず わかりやすく使いやすい、更には使っていて楽しい!となるような体験を作っていくためにデザイナーとしてできることはかなりたくさんあるなと日々実感しています。

3. 強いチーム

誰もが本質的なことにのみフォーカスしており、自律的で、何でも話がすぐまとまる・すぐ動き出せる…! 働いていて人面での懸念が一切ありませんでした。自分自身がこれまで在籍していた会社でも「自律」というキーワードはたびたび出てきており、自分自身と会社のカルチャーの親和性が高いんだろうなとも思っています。

また、特にエンジニア陣の話ですが、ユーザー視点・実装観点からのデザインFBをたくさん出してくれるチームだなと思いました。それから実装がとにかく早い!作ったデザインをすぐ実機で触れる形にしてテストして…というサイクルをスピーディーに回せるのもありがたかったです。

あるエンジニアさんから「実装調整難しいかな?とか気にしないでOK。実装するのでその時にベストだと思うデザインを作ってください(意訳)」といったFBもいただき、そういったことを言ってもらえるのもすごく心強かったです。

やっていくこと

直近以下3つのことをやっていく予定です。事業の状況や今後入ってくる方に応じて柔軟に変化していければと思っています。

    1. Stailer内の新規開発。 エンドユーザー向けのネイティブアプリの機能追加や小売パートナー企業向けの機能追加などまだまだ不足していることがあるのでそれらに対応します。
    1. デザイン基盤の整備。 デザインシステムの整備や、「何を作るかを決める」段階でのデザイン手法を組織にインストールしていきたいです。あと作った後のユーザビリティテストの実施基盤も!
    1. デザイナーの採用活動。 デザイナーが入ることによって10Xはどのように良くなっていくのか、どんな業務を行っていくのか、もうちょっと具体的に発信し仲間集めを行っていきたいと思っています。

10Xではデザイナーを募集しています!

自分がひとまずデザイナーとして入社しましたが、10Xでは引き続きデザイナーを募集しています!

私自身10X社で働きはじめて早々に「あれこれデザイナ全然足りなくない?」と気づきました。

ECから、すべての小売体験をサポートするWhole Productへ

👆既に今計画されている機能や小売パートナーとの協業、既存のプロダクトの改善もこれできたらめっちゃいい!と思うものばかりです。

デザインする余地が山ほどある10X社。少しでも興味をもった方は是非お気軽にご連絡ください!

2週に1回オープンオフィス(今はオンライン開催)をやっています。採用情報ページから詳細をご確認ください。

また、私のTwitterアカウント @suuminbotにてDM解放しておりますのでご質問あったらお気軽にどうぞ!

最後に

最後に、4年近くお世話になったファンズ株式会社の皆様、本当にありがとうございました。また、転職に際して相談に乗ってくださった方々、トライアルを受け入れてくださった企業の皆様にも本当に感謝しています。

ということで、心機一転10Xを社会実装していくためにまたできることを何でもやっていこうと思います💪 引き続きよろしくお願いします。